ストレスチェック実施のための準備について

subpage01

ストレスチェック制度の目的にはいくつかの種類があると考えられていますが、企業側が従業員のメンタルヘルスについて積極的に取り組むための良い準備になるという効果が期待されています。

あなたの期待に応えるストレスチェック情報が満載です。

このストレスチェックを実行していくためには産業医との連携が必要になるため、会社の仕組みを見直す良い機会になるというのが基本的な考え方になります。
まずストレスチェックを行うに当たっては会社の規定として実施体制を作成しなければなりません。


その仕組みづくりの過程で職場のメンタルヘルスにしっかりと向き合うことになります。この様な過程はストレスチェックの実施それ自体と同様に重要なことであると言えます。
この制度は健康診断などとは異なり会社側が情報を取得するためには本人の同意が必要になるのですが、その様な仕組みであり本人が同意しないのであれば結果を非公表にすることもできるということを明示することは大切な準備になります。

ストレスチェックはあくまでも問診票と言う形で情報を取得するものですので血液検査などとは異なり会社の姿勢や安心感、信頼感の影響を強く受けてしまうという性質があります。
しっかりとした仕組みづくりと、安心して対応することが出来る職場の雰囲気づくりこそ事前の準備として最も重要な仕事であると言えます。

日経メディカル情報を楽しくお得に利用しましょう。

この様な作業については外部の委託期間が行うことの出来るものではありませんので、企業側がしっかりと検討する形で進めていかなければならない部分です。