平成27年より開始されたストレスチェック制度とは?

subpage01

現代社会は「ストレス社会」と呼ばれています。
インターネットが普及して、ユーザーは世界中の地図がひと目で見られたり、ありとあらゆる情報がつまっていたり、一昔前であれば一国の大統領クラスとも言えるような情報が、今やスマートフォンやパソコンなどで、ほぼ無料で手に入ります。

ストレスチェックの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

それだけ多くの情報が流れている世の中ですから、その中に生きる1人1人のストレスというのは以前と比べ、確実に大きくなっているのです。こういった事態を加味し、国が平成27年12月より、ある制度を実施開始しました。


それが「ストレスチェック」です。

労働安全衛生法の一部改正を受け、企業は従業員のストレスチェックを行うことを義務付け(対象は50名以上の事業場)しました。


実際に働いている労働者が、自らのストレス状態を把握することで、過度のストレスを感じている人であれば、早めに何らかの対処をするというのが狙いです。

職場のストレスなどが原因で、うつ病となったり、最悪の場合、自らの命を絶ってしまうケースもあります。こうしたことから「労働者を守ろう」という試みで出来た制度なのです。
厚生労働省の管轄となっており、匿名性は担保されます。

回答した内容というのは本人の同意がなければ、雇用されている企業に伝わることはありません。

ジョルダンニュース!との上手な付き合い方をお知らせします。

しかしこの制度もスタートしたばかりで、試行錯誤の段階であるとも言えます。国は企業に対して「ストレスチェック」を義務化しましたが、実際にこのチェックを労働者が受けるかどうかは任意なのです。

重要なのはストレスチェックを行うことではなく、労働者をストレスから守るということです。



うまくこの制度が機能してもらいたいものです。